忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドコモが銀行を追い抜く日ドコモが銀行を追い抜く日
岩田 昭男
PHP研究所 刊
発売日 2006-05-19




ドコモの戦略とクレジット業界の勢力図がよく分かる 2006-07-06
通信事業とクレジット事業というのは非常によく似た業態とのことです.会員を増やし,ネットワークを張り巡らし,そして代金を回収するというスキームは確かによく似ています.そして,このスキームを利用してドコモがどのようにクレジット業界に殴り込みをかけているか,それを迎え撃つ3大メガバンクはどのような戦略で対抗しようとしているのかというのがよく分かります.



クレジット業界の事はあまりよく知りませんでしたので,新発見がたくさんありました.例えば,クレジット業界というのはVISAやマスターといったブランドとカードの発行業務を行うイシュアー,加盟店業務を行うアクワイアラーで成り立っているとか,ドコモはiDというのをやっていますが,これはVISAやマスターというのと同じブランドの名前であり,しかも,クイックペイやスマートプラスと同じような少額決裁システムの名前であるというような話です.



金融業界がドコモの参入によってどの方向へ動こうとしているのかを知るのに,最新の状況がまとめられており,非常に参考になります.




さらに詳しい情報はコチラ≫


PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
加盟店手数料の取り分
80年代後半から、国際ブランドの比重が増すとともに、イシュアーとアクワイアラーという言葉が日常的に使われるようになりました。国際ブランドのうち取り扱いだかでVISAとマスターカードは90%のシェアを持っています。そして、フランチャイズ制をとっており、メンバ...
URL 2007/09/26(Wed)08:22:46
最新コメント
[09/12 ヤマダ課長]
[09/05 むらた]
[08/31 むらた]
[03/12 丸山]
特選クレジットカード情報
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) クレジットカード比較 充実の書籍紹介 All Rights Reserved